2018年【やぎ座流星群】ピークの時間、おすすめの方角は?

学生さんには待ちに待った夏休み。その夏休みに入った早々から観測をすることができるのが「やぎ座流星群」です。

12星座の中にも数えられるやぎ座にかかわる流星群、どのような流星群なのか、また見られる期間やおすすめの方角、流星がピークになる時期などここから詳しくご紹介していきます。

 

やぎ座とは?

上記でも軽く触れたように、黄道12星座の一つでもあるやぎ座都は、そもそもどのような星座なのでしょうか。

星座の中でも歴史が古い星座であることも特徴の一つです。やぎ座のヤギは一般的な動物としての姿をしておらず、上半身が若いヤギの姿、下半身はコイのような魚の姿をしています。

見るからに怪物のような姿をしていますが、元々は神様の1人。神々がナイル川沿いでお酒を飲みながら楽しんでいる最中に、川から怪物「テュポーン」が表れた際に、神々は動物に姿を変えて逃げていきました。

その際に、ヤギ頭の神様が川に逃げ込もうと魚に姿を変えようとして、術を失敗。下半身だけが魚の姿になってしまったものだとされています。

その姿を哀れに思ったのか、おもしろいと感じたのかはわかりませんが、大神ゼウスがその形だけを空にあげて星座にしたといわれています。

やぎ座に関しては古い星座であるせいか、他にも神話は多く残っているので詳しく調べてみても楽しいですよ。

 

やぎ座流星群の特徴

やぎ座流星群の一番の特徴として挙げられるのが、火の玉状の流れ星となる事が多いという点です。

流れている最中に爆発するような大きな輝きを持つことがあるので、見ごたえがある流星群だということができるでしょう。

また、ゆっくりと流れる流星群だということも大きな特徴です。ゆっくりと流れ、火の玉状になる事から輝きも大きいということは、見つけやすい流れ星だということもできますね。

今まで流星群の観測をしたことがない、という方にもおすすめの流星群になります。

他にもあげられる特徴として、やぎ座流星群がある時期は、他の流星群の時期とも重なっています。

明確にこの流星はやぎ座流星群だ、と判断することは出来なくなりますが、多くの流れ星を観測できるという点では、天体観測初心者さんにもおすすめになりますよ。

 

2018年のやぎ座流星群、観測期間やおすすめの時間帯は?

やぎ座流星群が観測できる期間は7月3日から8月15日と1か月程度の期間があります。

中でもピークとなる時期が7月31日と、夏休みに入った直後となるので、観測しやすい点が大きな魅力ですね。

中でもピークとなる時期が7月31日となっていますが、上記でも紹介したようにやぎ座流星群はほかの流星群の時期とも重なっています。

よりたくさんの流星を観測することができるので、おすすめの時間帯、おすすめの方角というものが特にありません。起きていられる時間に観測できるというところも便利ですね。

 

観測状況はあまりよくない

たくさんの流星群を観測できるチャンスになりますが、2018年の観測状況はいいとは言えません。

満月直後の月明かりの中で観測することになってしまうので、月明かりを避けて観測することになるでしょう。

ただ、月明かりに負けないほどたくさんの流星が流れていることは変わりません。なるべく街頭などがない暗い場所で、月に背中を向けながら観測してみてはいかがでしょうか。

ゆっくりと流れるやぎ座流星群を見つけることができるかもしれませんよ。

 

ピークをずらして観測するのもアリ

やぎ座流星群は比較的に長い期間流れ星を観測することができます。

ピーク時の降るような流星群はとても気になりますが、月明かりに邪魔をされてしまっては感動も半減してしまいますよね。

なので、あえてピークの時期を外しての観測をしてみるのも、流れ星を見るという点ではありではないでしょうか。

ただし、夏とはいえ真夜中や明け方は冷え込むこともあります。暑ければ脱げばすむので、一枚上着を持って行くのがおすすめですよ。

 

更新日:

Copyright© 心はいつも星空気分 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.